未分類

英語が伸びなくて悩んでいる人へ「どうすれば伸びるのか教えます!」

 

こんにちは、管理人のヒコです!

英語が伸び悩んでいる人たくさんいますよね?

僕も英語学習は続けてはいるのですが、まだまだ頑張らないといけない課題があり日々努力中です。

では今回はどうすれば英語が伸びるのかについて教えていきます。

 

✔目次

1.目標を決める!

1.1 やることが明確になる

1.2 自分の目標にあったものにする

1.3 達成した後さらに次の目標を作りやすい

 

2.アウトプットできる場所を作る!

2.1 毎日日記を書いてみる「ライティング」

2.2  オンライン英会話をやってみる「リスニング」

2.3  試験で成果をですこと

 

■1 目標を決める

 

 

1.1 やることが明確になる

まず英語を伸ばすためには何か目標を立てることがいいです!目標があれば何をすれば良いか明確になり、それに向けて努力しやすくなります。

 

人はゴールが不明確なものに努力することは中々できませんが、ゴールが明確ならそこそこ頑張ることができます。

 

例えば、「部活で1500メートルを10分以内で走りなさい」などなら、ゴールが決まっており、その目標に向かってどのように頑張ればいいか少しは想像できますよね?

 

どのくらいのペースで走ればいいのか?どの能力が今自分に足りていないのか? 持久力がないの?走り方が悪いの?などいろいろ出てきており、それを一つ一つ解決していけばゴールにたどり着くことができます。

 

目標といっても色々会いますよね?私のおすすめとしては英検やTOEICです!もしいきなり試験が難しいのなら一つの参考書を最後までやる気ことでもいいです

 

次はその目標設定について大事なところを少し説明していきます。

 

1.2 自分のレベルにあった目標を定める

英語が伸びない人の特徴の一つとして自分のレベルにあっていない目標を目指していたり、難しすぎる参考書を使っていることがあります。

 

確かに手っ取り早く英語能力を上げたいし、そのためにとりあえず今の自分の能力よりもかなり上の目標を設定したくなりますよね?

 

でもそれは間違いです!

 

そんなことをしてもやはり自分のレベルではわからないことが多かったり、理解するのにたくさん時間がかかったりします。なので良く自分の能力を見極めえることから初めて見ください。

 

 

単語のレベルを知りたければそれを測るWebサイトがあります。TOEICも点数で大体あなたのレベルを教えてくれて、英検なども各級で過去問があるのでそれをどれくらい解けるかで判断することも良いと思います!

 

そうして自分のレベルを試験などで客観的にわかればどの参考書や勉強法を使えばよいのかわかります。そして自分に合ったレベルの方法なので効率的にあなたの能力を上げることができるでしょう!

 

「急がば回れ」です!コツコツやっていきましょう!

 

1.3 達成した後さらに次の目標を作りやすい

目標を作る理由として、最後は「次の目標が作りやすい」です!

 

何か一つでも良いので目標を達成することができれば次の目標を作れます。参考書にしろ、試験にしろ、次のレベルの参考書、試験がありますので次はそれに向かって同じくその目標にむけて頑張ればよいだけです。

 

英検なら最高で一級!これはものすごっく難しいですが最終はここを目指して一つずつ級を上げる。

TOEICなら900点以上やもしくは満点! など最初が300点なら100点ずつUP 指していけばよいです。

 

この二つを達成した後でもさらに難しい目標はいろいろありますので心配する必要はないです!

なので小さな目標も定めて少しずつステップアップしていきましょう!

 

■2 アウトプットできる場所を作る

アウトプットできる場所を作ることが英語上達の近道だと思います。

 

人はインプットばかりすることがおおいですよね~  僕も良くそうなるんですけどね

 

なんでも失敗する前にいろいろ情報を集めたり、経験者にどのようにすればいいのか聞いたりとなかなか動こうとすることがありません。

 

日本の英語教育も今のところはまだまだインプットの部分が多いため自らアウトプットしましょう。

 

インプットすることがダメというわけではありません。インプットがなければアウトプットをすることはできませんので。ただどんなに参考書を読んで文法を覚え、単語を覚えでも実際に使ってみないと本当の英語力というものは身に付きません。

 

あなたがTOEICのR/Lテストで結果を出したいのであれば特にアウトプットをする必要はないと思っているのであればそれは間違いではありませんが、正しいとも言い切れません。

 

自分がインプットした内容をアウトプットすればより英語の使い方を体系的に理解することになり、自分の脳が英語どんどん英語に近づいていきます。

なので下記では、英語の四技能のうち、アウトプット部分であるライティングとスピーキング、について少し話て行きます。

2.1 毎日日記を書いてみる「ライティング」

ライティングの能力を上げる簡単な方法としは日記です

 

日記でライティングのスキルを上げている人は決して珍しくなく、とてもポピュラーな方法の一つであり、自分のライティング技術の成長をとても実感できます。

 

最初の頃は一日三行くらいの短い文章で構わないですし、日々あったことを簡単に記すだけでOKです。そして一か月くらい経てば、自分に文法のミスを確認したり、可能であればネイティブの人に間違いを指摘してもらうことが一番です。

 

これは私の知り合いの外国人が日本語を覚えるために頑張っている方法で絶対に効果ある方法です。人に日記を見られるが恥ずかしいと感じる人がいますよね?でもそんなことを言っていてはライティングの上達ができません。

 

「昔プロダンサーが全然ダンスがうまくならない人の特徴は人前やプロの前で踊らないやつだ」と語っていました。恥ずかしがって。自分のスキルのなさを他人に見せることがいやなのでやらない人の気持ちは僕もよくわかりますが、それは時間の無駄であり、一生上達しない人特徴でしょう。

 

もしあなたが本当に何かの分野で上達をしたいのなら、なりふり構わずにやってることです。世の中そんなにあなたのことを見ていませんし、初心者を笑うような意地の悪い方も多くはいません。

 

なので思い切って頑張っていきましょう!

 

2.2  オンライン英会話をやってみる「スピーキング」

スピーキングのスキルを向上させたいのであればオンライン英会話が一番安くて効果的だと思います。

一か月一日25分で6000円~8000円程度できます。

 

英会話を毎日することで上がる能力はスピーキングだけはなく、リスニング力も確実に上がっていきます

 

英会話で相手の伝えたいことを一所懸命聞こうとしますし、自分で英語を話すことが何よりリスニング力のUPにつながります。

 

リスニングで聞こえない理由の大部分は自分で発音ができないためです。皆さん経験があると思いますが、聞き取れないリスニングがあり、そのリスニング音源の文章を読んでみると案外簡単だってりしませんか?

 

中学生レベルの文法や単語しか書かれていないのに聞き取れないのは実際の発音とあなたが頭の中で思い浮かべている発音が全く違うからです。

 

その発音のギャップを埋めることができれば、今まで以上にリスニング力を上げることができます。これが先程言っていた脳が英語に慣れてくることの一つです。

 

なのでオンライン英会話は確実にスピーキング力、リスニング力同時にアップするのでぜひ挑戦してみてください!

 

■ まとめ

どうでしたか?

英語が伸びない人のためにどうすれば英語を伸びるのかを紹介してきました。

・自分にあった目標をしっかり見つける

・アウトプットする場所を作る

 

これ以外に様々な方法があると思いますがもし共感できる内容があれば是非あなたもやってみてください。

 

ではまた!

-未分類

© 2021 ヒコの英語学習 Powered by AFFINGER5